Blog&column
ブログ・コラム

チンゲンサイでカルシウム

query_builder 2022/02/11
ブログ・コラム
チンゲンサイ

みなさん、こんにちは。

最近毎日、
れんこんをすりおろしてみそ汁に入れて食べている、
管理栄養士の結城です😊

喉に良いので、みなさんもよかったらお試しください。

 

さて、今日のテーマは、チンゲンサイ🥬です🐰

チンゲンサイは、中国原産の白菜の仲間で、
日本でもっとも有名な中国野菜です🇨🇳

 

チンゲンサイは、小松菜と同様に、
カルシウムが多い緑黄色野菜です。
1束(スーパーでは2束で売ってることが多い)で、
約100〜150gのカルシウムが摂取できます。

 

カルシウムの1日の推奨量は、

18-29歳男性 800mg

30歳以上の男性 750mg

18歳以上の女性 650mg

とされています。

 

もちろん、チンゲンサイだけでは、
1日に必要なカルシウム量を満たすのは難しいですが、
十分な量が含まれています。
カルシウムは、不足しがちな栄養素なので、
いろいろな食材と組み合わせて、
上記の量を満たしたいとろこです。
ちなみに、牛乳200mlで約200mgのカルシウムが摂取できます🥛✨

その他には、
カロテンやビタミンC、ビタミンE、鉄なども
多く含まれています。

 

チンゲンサイは、
比較的火が通りやすい野菜なので、
さっと茹でたり、炒めたりして調理すると
栄養素が失われにくいです。
油と一緒に調理すると、ビタミンの吸収率が高まります💪

 

美味しいチンゲンサイは、
葉っぱがきれいな緑色をしているもの。
保存は、湿らせた新聞紙などに包み、
立てて冷蔵庫に入れると持ちがよくなります。
また、そのままでも茹でてからでも冷凍することができます😲

 

栄養価が高く、調理も簡単、保存も効く、
三拍子揃った葉物野菜とも言えます🙌✨✨

 

鍋に入れたり、スープにしたりしてもいいですね!
汁まで飲んで、身体も心も温めましょう!
大変な時期ですが、しっかり食べて元気にお過ごしくださいね😊

 

食育こーぼのうるおいスムージーは、
たくさんの野菜や果物から作られています。
その中にはチンゲンサイも含まれています🥬
水に溶かすだけで、美味しく栄養素が摂取できます。
こちらもぜひご利用ください🍀

食育こーぼ ネットショップ
   https://www.shokuiku-kobo.co.jp/store/

NEW

  • ミネラル豊富なわさびを添えて

    query_builder 2022/03/24
  • にんにくでスタミナ増強!

    query_builder 2022/03/10
  • レモン鍋で疲労回復

    query_builder 2022/02/16
  • チンゲンサイでカルシウム

    query_builder 2022/02/11
  • 咀嚼がもたらすメリット

    query_builder 2022/01/26

CATEGORY

ARCHIVE